ミャンマー進出した日本企業事例(生産委託先・工場選定支援)| 海外進出アドバイザーズ|ミャンマー|ここでは当社のサポート事例をご覧いただけます。

株式会社フォーバルによる信頼の海外進出支援

メールでのお問い合わせ tel:0120952008
  • MENU
  • MAIL
  • tel:0120952008

サポート事例

ミャンマー進出した日本企業事例(生産委託先・工場選定支援)| 海外進出アドバイザーズ

ご支援内容

生産委託先選定支援

お客様は最初、生産委託先をお探しでしたので、生産委託選定支援をご提供いたしました。

お客様が考えている製品を生産できる工場のロングリストをまず作成し、それに一つづつ訪問してお客様の要件に合うかどうか、そしてなによりも取引を希望するかどうかをヒヤリングしてショートリストにいたしました。そのショートリストを元に、お客様と共に訪問し具体的な商談等のサポートを行いました。


工場進出支援


お客様はご自身での工場設立も計画されておりましたので、工場用地選定から登記および人材採用までワンストップでご支援いたしました。


ミャンマーへの社会貢献支援

更に、お客様は生産を通してミャンマーへの社会貢献もご希望されておりましたので、私どもが現地ネットワークとして有する社会保険局配下の女子向けの孤児院をご紹介いたしました。ここは、女子の孤児が社会に出られるよう縫製の技術教育を行っておりました。しかし、予算も限られ実際の製品を生産する事がなかったので、技術教育のレベルが非常に低い状況でした。それに対して、実際に日本含め全世界で販売される製品を生産する機会を提供し、またそのための技術指導やミシンなどの設備を提供して頂きました。生産に対する対価もしっかりとお支払いいただけますので、孤児院にとっては非常に良い機会を得られたと思っております。

進出した理由

私どもは長い間、中国ローカル工場にクリスマス用の雑貨類を生産委託しておりましたが、育成してきた中国ローカル工場経営者との関係の変化、コストの上昇、政治的な問題等をふまえ、ミャンマーへの進出を決断いたしました。ミャンマーを選択した理由は、人的な面と地理的な面があります。人的な面としては、やはり人件費が安いという事が第一にありますが、それ以外の最大の点としてはコツコツと黙々と作業を行うことができるミャンマー人の気質があります。また地理的な面でいうと、納期のある製品ですのでミャンマーがギリギリのところであった事です。

フォーバルのサービスについて

前述のとおり、一般的には何も情報がないなかで、フォーバルさんはヤンゴン管区電力工業大臣やミャンマー工業会とのプロジェクトにより、現地ローカル企業とのネットワークが幅広く、それによって我々が要件とする企業や工場用地を数多くピックアップ頂けましたので、多くの中から選択する事ができました。

また、それらとの交渉においても、日本式とミャンマー式の両方を知るフォーバルさんが同席してくれたことで、交渉もうまくまとめる事ができました。(当社もフォーバルさんもかなり苦労をいたしましたが)更に、社会貢献をしたいという我々の希望にも快く賛同頂き、孤児院との連携や支援をする機会を作ることができましたので本当にありがたく思っております。