ベトナム進出ご支援事例:山下プラスチック様(製造業)|ベトナム|ここでは当社のサポート事例をご覧いただけます。

株式会社フォーバルによる信頼の海外進出支援

メールでのお問い合わせ tel:0120952008
  • MENU
  • MAIL
  • tel:0120952008

サポート事例

ベトナム進出ご支援事例:山下プラスチック様(製造業)

ベトナムに進出を決めた理由

Q:ベトナムに進出を決めたきっかけ、理由を教えてください。

製造業全般の国内生産が伸びない昨今、中小企業も、中小企業だからこそ、海外展開を視野に入れた営業活動が必要だと考えたからです。技術があって当たり前、品質が良くて当たり前の日本国内で、特許取得技術のような特別なものがあるわけではない中、この先、会社をどこまで伸ばせるか、維持していけるかという点に不安を感じての決断でした。

タイやインドネシアの成長率も魅力的でしたが、最終的にベトナムに決めた理由は2つ。「産業構造が成長途上だという点」と、「ベトナム人の国民性」でした。

ベトナム国内の製造業の産業構造はまだ確立したピラミッドが出来ているわけでなく、成長途上です。そのため、1次請けになれる可能性を積極的に模索しています。


また、国民性については、確か3度目にベトナムへ視察に来た際、高熱を出してしまったことがありました。その頃、英語も不慣れだった私でしたが、見ず知らずのベトナム人に助けてもらえたこと、その優しい国民性に安心感を覚えたことがベトナム進出を決めた理由となります。

期待通り、想定通りには進まない

Q:実際にベトナム進出を決めて、創業準備に入られた際、1番の大きな課題・苦労はなんでしたか?

一番の課題は資金力です。思っていた以上にお金がかかることばかり。例えば、機械設備は日本製のものを日本で購入したのですが、まずそこに輸送費が発生します。現地事務所の内装工事費は、日本の7割程度なのですが、創業までには内装工事の時間が必要です。その間も工場レンタル費など、ランニングコストは発生します。そのため、ある程度の資金は用意しておかなければなりません。
また、創業後、思ったようにコンスタントに仕事が入ってこなかったのでここも苦労した点です。

Q:その課題、問題はどのように解決しましたか?

事業計画の変更と資金調達を行いました。
前者の事業計画の変更については、フォーバルの方に色々協力をいただきました。

また、当面の間は、日本から仕事を持ってくることで操業をしております。まだまだ仕事量が足りず、苦労はしていますが、良いスタッフに恵まれているので、彼らの技術力を伸ばすためにも、なんとかやっていきたいと思っています。

フォーバルのサービスについて

Q:弊社を選んでいただいた理由をお伺いできますか?

まずはインターネットの広告からフォーバルさんの海外進出アドバイザーズのHPに行きつき、相談をして、最初は日本で話を伺いました。

また、ベトナム現地を視察した際にも、担当者の方が一生懸命案内してくれ、海外進出について圧倒的な知見、知識、現地情報に詳しいこともありましたが、我々に対する親身な対応・姿勢に惹かれ、フォーバルさんにお願いしようと決めました。

レンタル工場についても視察時には、事務所もトイレもないような状態で、準備期間から創業まで色々と時間がかかったり、苦労した点もありましたが、最後の最後まで親身に対応していただきました。今でもいざとなったらフォーバルさんに相談できる安心感があるので心強いですね。