『“変貌するベトナムマーケット”・・・成長のカギは、女性マーケット!』セミナー|ベトナム|このページでは海外の各地での体験をご紹介いたします。

株式会社フォーバルによる信頼の海外進出支援

メールでのお問い合わせ tel:0120952008
  • MENU
  • MAIL
  • tel:0120952008

現地レポート

『“変貌するベトナムマーケット”・・・成長のカギは、女性マーケット!』セミナー

ベトナムに対して、みなさんどういう印象をお持ちですか?

いろいろな印象があると思いますが、実は日本の経済を救う糸口になるかもしれないことを、ぜひ理解していただきたいと思います。

国民一人当たりのGDPを見ると、発展途上国から新興国へとステップアップするにつれ、ベトナムの所得水準がどんどん上がっています。特にホーチミンやハノイは一人当たりGDPが3,000ドルを突破し、購買意欲もどんどん上がってきており、その中でも女性の購買意欲は非常に旺盛になりつつあります。

ホーチミン市内にあるデパート内を歩いていると、平日昼間でもファッション関連や化粧品関連の店内にベトナム人女性たちが常にいることに気付きます。そしてブランド店の買い物袋を持った買い物後のベトナム人女性たちが、カフェなどでおしゃべりしている姿もよく見かけるようになりました。

ベトナムのデパートには、日本でも目にするようなブランドショップもたくさん出店しており、ブランドの種類によっては、日本円にして数万円以上する店も少なくありません。ベトナムでの20代女性の平均月収を超えるような金額の商品もどんどん売れているのには驚かされます。

また、市中のスーパーなどには、若者向けの日本円で500~1,000円程度のコスメティック商品のコーナーが設置され、買い物中の女性が手に取って品定めをする姿は珍しくなくなりました。若者向けには、比較的安いシルバーのネックレスや指輪などを販売する店も出てきはじめており、女性の多様化するニーズに対応した店舗や商品がつぎつぎと出てきています。

ファッション関連は、化粧品関連でみると、世界的に有名なブランドを除き、韓国企業の商品が多く並んでいます。しかし、現地の女性には、日本ブランドへの関心が非常に高く、日本在住のベトナム人の帰国時や、出張などで日本を訪れるベトナム人に依頼して、ベトナム国内で購入できない日本の化粧品を購入している女性たちも少なくありません。

また、洋の東西を問わず、美容関連のサプリメントなどの購入も非常に盛んで、特にコラーゲンなどのサプリメントはお肌に効果があるということで女性に人気があります。女性専門誌も続々と増えており、ベトナム国内でもこの女性マーケットがいかに注目されているがよくわかります。

生活スタイルから見ると、通勤にバイクを利用している女性が多く、日焼けについての防御を非常に気にしているもの、メイクや服装はまだまだ無頓着な女性が多く見られます。しかし所得の上昇を見る限り、今後一気に日本や韓国と変わらないファッションスタイルの女性たちが街中で見かけるようになる日もそう遠くないように思われます。

この急速に拡大する女性向けマーケットに食い込むには、大手企業のように体力・財力のしっかりしているところであれば、成長してからでも十分巻き返せる可能性はあるかもしれません。しかし中小企業にはその体力も財力も、大手の企業には遠く及ばないことを考えると、今の拡大しつつある状況下で参入して、先行者利益を確保することが、最大のアドバンテージとなります。これ以上遅くなると、同じ日本企業同士での競争も始まり、ベトナムはもちろん、韓国や中国企業とも熾烈なシェア競争をしていかなければならなくなります。競争の中で中小企業がベトナムマーケットでそれなりのシェアを取るのは、簡単なことではありません。

完全に成熟しつくして、もはや新規参入の余地すらないような日本のマーケットでシェアを大きく伸ばしたり、すでに日本の大手企業が多く進出している中国女性マーケットに食い込むことを検討するのであれば、まさにこれから伸びるベトナム女性マーケットに自社の成長の可能性を見出すことは、決して難しいことではないのではないかと思います。