ベトナム進出支援

ベトナム進出支援トップに戻る

人材採用支援

海外進出企業にとって「現地人材の事前採用」が最大のポイントです!!

海外進出企業と撤退企業の相関図

進出企業数以上に撤退数が多いのが海外展開の実態 〜進出は95年がピーク、撤退は00〜02年にかけて増加〜

現地法人の進出状況(左) 現地法人の撤退状況(右)

出所:「経済産業省 海外事業活動調査 統計表一覧データ」を元に加工

撤退企業の理由

海外進出の断念理由 (左:製造業、右:卸売業)

海外進出の断念理由

中小企業庁2012年通信白書を元に加工

大手と中小企業の海外展開体制の相違点

大手企業の場合と中小企業の場合の比較

中小企業が海外に進出する場合、現地責任者を支える「現地での人材確保」が重要です!!

日本での事前採用と現地採用の比較

ポイントは「現地ベトナム側での人材採用」ではなく『日本での生活経験豊かな現地幹部候補生を事前採用』するということです!!

日本での事前採用の場合と現地採用の場合の比較

成功する「現地幹部候補生採用支援」の流れ

海外法人の運営→現地の状況→国内採用→国内育成→海外赴任→現地責任者

即戦力を見つけて採用という幻想から抜け出し、ポテンシャルの高い人材を採用して『育てる』という発想が幹部候補人材不足の解決策です!!

企業事例 −担当スタッフと入社スタッフの声

A株式会社(製造業)

進出エリア
ベトナム(ホーチミン)
採用人数
日本人(工場長)1名、ベトナム人(工場長補佐)1名
採用時期
2012年11月、2013年4月

担当スタッフの声

入社スタッフの声

D・H氏(男性・26歳・ホーチミン出身)

1.進出理由
あらゆる分野でグローバル化が進み、弊社としても海外進出を検討するタイミングでした。FORVALのベトナム進出セミナーに参加し、進出を決断しました。
2.採用のきっかけ
現地に開設する工場の責任者として海外での工場運営経験のある日本人の採用を検討。その際、日本人工場長と現地採用予定のワーカーとの間のコミュニケーションを円滑に行うためにはベトナム人の工場長補佐が必須であると判断し日本語堪能かつ日本での仕事に対する姿勢などを理解したベトナム人の採用をあわせて検討しました。
3.人材採用において苦労された点
現地採用も視野に入れ、ベトナム人を探してみましたが、こちら側の希望する日本語能力に大きな開きがあり、採用するには至りませんでした。 その点、日本での生活経験が豊富なベトナム人留学生は日本語能力だけでなく日本人の考え方や生活習慣もよく理解しておりベトナム人ワーカーへの指導者として戦力になると期待しています。
4.研修期間と内容
本社(日本)で約半年間の技術研修を行いました。ここでの経験は単に製品知識を習得するにとどまらず、品質のあり方、メンテナンスの重要性などに加えて日本人技術者との交流により今後の現地と日本とのやりとりを行う上での人間関係構築に大いに役立つと考えています。
5.今後採用人材に期待する事
1日も早く一人前の管理者になっていただき、日本やベトナムだけではなくASEAN諸国との取引を見据えた幹部候補として期待しております。
6.これから人材採用される皆様へアドバイス
日本人の仕事への取り組み姿勢を現地採用のワーカーに伝えるのはなかなか難しいことだと思います。日本での生活経験の豊富な留学生を採用し、一定期間日本で仕事を覚え、そして現地に赴任をするというやり方は一見手間暇がかかるように見えますが、その人材を現地でのワーカーを指導する立場に就かせることは海外拠点の工場運営をスムーズに行うための重要ポイントのひとつだと思います。また現地取引先との交渉などにおける通訳業務には高い日本語能力を持った人材は無くてはならない存在です。

株式会社B(縫製業)

進出エリア
ベトナム(ドンナイ)
採用人数
ベトナム人1名
採用時期
2013年4月

担当スタッフの声

入社スタッフの声

K・D氏(女性・25歳・ネアン出身)

1.進出理由
中国での縫製事業も安定し、新たな進出拠点を探しておりましたが、自社で大きな敷地を構えて独自進出するにはコストがかかりすぎてしまい、検討期間が長くなりました。が、FORVALよりご提案のレンタル工場での進出を知り、「これだ」と決断しました。
2.採用のきっかけ
現地の作業員が全員女性ということも有り、そのリーダーになるベトナム人女性を探していました。
弊社のような中小企業では独自での人材採用は限界があると判断し、FORVALグループのクリエーティブソリューションズにご紹介をお願いしましたところ、弊社の希望に沿ったベトナム人女性をご紹介いただきました。日本での就業経験も有ることから即戦力人材として期待しています。
3.人材採用において苦労された点
在日のベトナム人が私どものような中小企業の求人情報を目にする機会はほぼ無いと感じました。
「小さな会社の確かな技術」をどうベトナム人にアピールすれば良いかとても迷いました。
4.研修期間と内容
国内1ヶ月、中国工場で1ヶ月それぞれ研修を行い、その後ベトナム工場の進出準備も含めベトナムへ赴任していただきました。
研修では、材料の種類からミシンの踏み方までの実践的な研修と、日本企業独特の習慣については、食事会を開催したりして覚えてもらいました。
5.今後採用人材に期待する事
現地で採用した女性作業員と我々会社側との間で、苦労する事もあると思いますが、持ち前の明るさでベトナム工場を中国工場以上の活況な工場にしていただきたいと思います。
6.これから人材採用される皆様へアドバイス
やっぱり現地の事を知っている事と日本での留学や就業の経験を持っている人材を国内採用し、教育してから現地へ赴任させる方が会社側の気持ちを現地で採用した作業員へ伝えるのにとても助かっております。
人材紹介手続きの流れ
  お客様側 手続き項目 クリエーティブ
ソリューションズ側
備考
1 求人情報のご提供 求人内容の確認 求人内容のヒアリング 求人票
2 内容の確認・押印 基本契約書の締結 契約内容のご説明 基本契約書
3   候補者サーチ 求人条件にあった候補者のサーチ  
4 書類審査(合否判定) 人材ご提案 候補者履歴書の提示 履歴書など
5 面接(合否判定) 一次面接 候補者紹介(同行) (筆記試験)
6 面接(合否判定) 二次(最終)面接    
7 内定通知 内定 本人意向確認 採用条件通知書
8 就労ビザ取得関連業務 就労ビザ取得 就労ビザ取得支援 申請から取得まで約2〜3週間
9 入社手続き 入社    
10 人材紹介料お支払い ご請求・お支払い 人材紹介料ご請求 入社月の月末ご請求、
翌月末お支払い

※クリエイティブソリューションズ(フォーバル100%子会社の人材紹介企業)

お問い合わせ/資料請求

これまでにいただいたご質問例

国内勤務での住宅及び補助について
留学生が一般賃貸物件を契約するには、保証人が必要となりその場合、雇用した企業に保証人をお願いしております。また勤務地のそばで物件を探していただく事もお願い致します。住宅の家賃補助についてですが、住宅手当等として給与に加算していただけますと、留学生にはありがたいお話ですが家賃補助については、企業様毎の規定にお任せ致します。尚、家賃補助とは別件になりますが、書類選考後の面接を実施いただく際の面接交通費(実費)の支給もお願いできればと思います。
国内給与及び現地給与について
国内での給与は基本大卒の日本人初任給と同額程度とお考えください。(大卒:20万〜22万程度、大学院卒:22万〜)
現地での給与はマネージャー(幹部候補)としての配属になりますので、現地Workerよりも高い設定でお願い致します。(現地:US$1,000〜US$1,500程度)
保険等について
国内では日本人同様に社会保険、雇用保険等の加入をお願い致します。基本日本人と同様です。
紹介から採用までの流れについて
ご紹介からご採用までの流れとしましては、下記の通りとなります。 詳細は都度ご確認ご連絡をさせていただきたく思います。
  1. 求人票の確認
  2. 基本契約書の締結
  3. 人材ご提案(書類)
  4. 貴社による書類選考
  5. 貴社による面接
  6. 内定
  7. 在留資格申請・変更(就労ビザ申請)
  8. 入社

その他分からない事は、お気軽にお問い合わせください。

▲ページのトップに戻る

  • ベトナム進出支援 トップに戻る
  • 工業団地の情報が知りたい
  • 工業団地の情報が知りたい
  • 進出フローについて知りたい
  • 単独(団体)で視察に行きたい
  • 調査をしたい
  • ベトナムのことを知りたい

お問い合わせ/資料請求

▲ページのトップに戻る

  • お問い合わせ
  • メルマガ登録
  • ベトナムレンタルファクトリー
  • インドネシア日本企業限定レンタルファクトリー
  • 海外進出アドバイザーズ facebookページ
  • フォーバル海外拠点